廃車にまつわるQ&A

角丸

廃車にまつわるQ&A

これから車を廃車にしようと考えている方が疑問に思う「よくある質問」と答えをまとめてみました。

まず、車の所有者、いわゆる名義が自分ではない場合はどうしたら良いのでしょうか。
名義が異なることには様々な理由があると思われますが、いずれにしても、所有者本人でなければ、勝手に売ったり買ったりはできません。 ですから、自分がその車を廃車にしようと思うのであれば、名義は自分のものに変更しなければなりません。 あるいは、現在の所有者から、廃車にしても良いことの了承を得た上で、委任状に実印を押してもらって廃車の手続きをする必要があります。

この名義の問題は、例えば車の持ち主が亡くなって、残された家族がその車を廃車にしようとする場合も同様になります。 なお、この場合は、亡くなった人は委任状に印鑑を押すことは出来ませんので不要となり、代わりに、然るべき相続人全員がその車の廃車に同意をしたことを示す書類に印を押した協議書が必要となります。

次に、廃車時に必要な車検証についてです。
車検証が見当たらない場合(車検証を搭載しないで公道を走ることは本来出来ませんが)、それに代わる証明書を陸運支局(軽自動車の場合は検査協会)から発行してもらう必要があります。 車検証はあっても車検が切れている場合は、廃車の手続きとしては問題ありませんが、車検証が有効ではない以上、公道を走ることができません。 このため、車を業者に持って行くという時でも、公道を走るのであれば「仮ナンバー」を発行してもらって、一時的に公道を走れるようにする必要があります。

続いて、掛かる費用についてですが、最もおトクに廃車をするにはどうしたら良いのでしょうか。
廃車を解体業者に依頼すれば、通常は、処理費用として数千円から数万円の代金を請求されます。 一方で、廃車買取を実施している専門店では、最低無料で、車によっては値段を付けて車を買い取ってくれます。 ですから、よりおトクに廃車をするためには、そのような買取店を利用するのが良いでしょう。

お金については、廃車によって税金が還付されることがありますので、忘れずにもらう手続きを行いましょう。 廃車後、月割で残りの分が還付されるのが自動車税ですが、これは廃車の手続きを行えば自動的に処理がなされ、還付についての通知書が送られて来ます。 ただし軽自動車では自動車税の還付は発生しません。 車検の際に支払う自賠責保険料も、廃車後月割で戻って来ますが、これはその保険会社に直接解約申請をしなければなりません。 また、同じく車検時に2年分支払っている自動車重量税も、廃車時に陸運支局などで手続きを行えば月割で還付されます。


角丸